高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

1.プライマリ・ケアの習得に重点

日常診療と救急医療に適切な比重を置く“バランス型病院”です。
プライマリ・ケア(一般的に多く遭遇する疾患の診療、二次救命処置)に必要となる基本的な診察能力の習得に重点をおきつつ、将来進むべき専門診療科への一定の道筋をつけるとともに、患者本位の診療を目指し、患者およびその家族との十分な信頼関係のもとに診察を行う能力の習得を目指します。
全診療科で研修が可能ですので、多様な科目を自由に研修できます。研修中のスケジュール変更も随時OKです。

 

2.研修医の自主性、主体性を尊重

研修医の自主性、主体性を尊重します。
救急では年間約2,700台の高岡医療圏の救急搬送に加え、ウォークインでも様々な症状の患者さんが来ます。二次救急輪番病院として指導医とマンツーマン方式で救急患者の診療を行います。指導医のサポートのもと、研修医がfirst touchを行いますのでスキルアップ間違いなし。

 

3.院外研修の充実

選択科目は富山大学附属病院、金沢大学附属病院、金沢医科大学病院等、救急は厚生連高岡病院等、地域医療は南砺市民病院等の色々な病院で院外研修が可能です。

 

4.アメリカの最先端の医療体制を体感

高岡市の姉妹都市であるアメリカ合衆国フォートウェーン市パークビュー病院との医療交流を実施しています。