センター長 薮下和久センター長  薮下和久

がん患者の診断、治療に関する、病院内の各部門の情報を包括する目的で、包括的がん医療センターが平成26年4月に発足いたしました。縦割りの組織となりやすい、各科、各部門の情報を一括し、がん診療に携わるすべてのスタッフが共有できるようなセンターの運営を目指しています。
がん診療は、手術や化学療法、放射線治療といった治療部門以外に、検診、緩和医療、在宅医療など、多くの分野に及んでおり、各分野との連携が重要であると考えられます。

高岡市民病院の特徴として、診断部門においては、胃がん検診における経鼻内視鏡の導入、微小乳がんの組織診断を行うマンモトーム生検術(乳腺画像ガイド下腫瘍生検術)の導入を行い、初期段階でのがん発見を目指しています。また遺伝性乳がん、卵巣がんの遺伝子検査が当院にて可能となりました。

治療部門においては、産婦人科、泌尿器科、胸部外科、外科において胸腔鏡、腹腔鏡下手術をがん手術に積極的に導入し、低侵襲手術を行っています。化学療法においては外来化学療法室を拡張、充実し、入院制約のない化学療法の実施を行っています。また治療後の患者さんに対しては、がん地域連携パスを採用し、地域の診療所とタイアップしながら患者さんのフォローアップに努めています。

緩和部門においては、主治医以外の緩和ケアチームが積極的に介入することにより、患者さんが快適な入院生活がおくれるよう心がけています。