検査部長 岡田 英吉

検査部長 岡田 英吉

がん診療に於いて、その罹患率および治療成績の正確な解析は非常に重要です。その基礎となる院内がん登録が、国立がんセンター中央病院がん対策情報センターの開発したHosCan-R というコンピュータ・ソフトウェアを用いて現在本院でも行われています。

この方法は本院を含む全国のがん診療連携拠点病院で標準的に実施されており、その全国データは国立がんセンターに集約されます。登録対象は本院内で診療を受けた全てのがん患者です。登録に用いる病名は世界保健機構(WHO)が出版した国際疾病分類腫瘍学(ICD-O)のコードに基づき、病期は国際対がん連合(UICC)で定められたTNM 分類で行われています。この全国のがん診療連携拠点病院の間で標準化されたデータを解析することによって、がん診療の均てん化(日本全国どこでも同じ高いレベルのがん診療を受けられること)に向けた適切で効率的な計画を作成することができます。またその結果を正確に評価することが可能になります。

登録作業は大変な労力を必要としますが、現在各科医師の協力のもと本院の診療情報管理士が着々と行っています。院内がん登録へのいっそうのご理解とご協力をお願いいたします。

 

院内がん登録数