byouintyou1

高岡市民病院のホームページを訪問していただきありがとうございます。

高岡市民病院は、昭和26年10月に、内科と外科の2診療科と一般病床50床を備えた「健康保険高岡市民病院」として開設して以来、時代の要請に応じて、病院の改築や診療科の新設、病床数の変更などを重ねてまいりました。高岡医療圏で生活されている約32万人の皆様の急性期医療を支える基幹病院として、「生命の尊重と人間愛を基本に、心がかよいあう医療を提供します。」を基本理念とし、日夜「安全で質の高い医療を提供する。」ことに努めています。

本院の使命は、高岡医療圏の救急医療を支え、がんや循環器疾患等を中心とした高度急性期医療の提供、さらには自治体病院として、民間医療機関では限界のある精神科疾患、結核、特殊感染症対策、災害医療といった政策的医療の提供にあります。

 国が推し進める医療提供体制の再編の波の中で、自治体病院として住民の皆様にとってどのような医療を提供することが最善であるかを常に勘案し、本院の役割と立ち位置の将来を見通しながら医療提供体制の充実を図ってまいりました。高岡市民病院は、これまで救急輪番病院として多くの救急車やドクターヘリを受け入れ、高岡医療圏の急性期医療を支えてきました。また、平成19年に厚生労働省から「地域がん診療連携拠点病院」に指定され、平成21年度から5ヶ年計画で最新医療機器を導入し診療機能を飛躍的に向上させ、高岡医療圏におけるがん医療の拠点病院として、がん医療提供体制の充実に取り組んでいます。さらなる医療供給体制の強化を図るため、平成27年度から病棟の再編を開始し、先ず「集中治療体制の機能強化」をはかりました。また、平成28年3月には県西部地区では初めてとなる「緩和ケア病棟」を開設いたしました。そして本年10月には包括的がん医療センターのさらなる充実のため病棟を改修し、「外来化学療法室の拡充および外来機能の充実」を計画しております。病棟再編の結果、今年度から、一般病床333床(集中治療病床6床、緩和ケア病床20床を含む)、精神科病床50床、結核病床12床、感染病床6床の401床の急性期病院として新たなスタートを切ります。

 本院は腹腔鏡手術に力を入れており、消化器関連がん、泌尿器科関連がん、およびがんを含む婦人科疾患の腹腔鏡手術は県内有数の手術件数を誇っております。さらに、地域医療機関と密接に連携し包括的ながん医療を推進しています。また、心筋梗塞などの循環器疾患の分野では、心臓カテーテル検査、ステント治療などの経皮的冠動脈治療においては県下でもトップクラスの実績があり、難治性の冠動脈疾患についても経皮的冠動脈治療を積極的に行い、完全血行再建を目指しています。さらには、最新鋭のレーザー装置の導入による下肢静脈瘤手術や、整形外科領域では限られた施設でしか行われていない脊柱管狭窄症に対する低侵襲側方侵入腰椎前方固定術(XLIF) などの最先端手術も行っています。

一方、本院は災害拠点病院に指定されていることから、DMAT(災害派遣医療チーム)2隊を有し、夜間照明・融雪装置つき屋上ヘリポートを完備し、災害時に活躍する災害救助用車両も配備しており、関係諸機関と連携した大規模災害訓練に参加し、有事に備えております。

また、患者さんに「安全で質の高い医療を提供する」ため、医療スタッフの研修・教育にも重点を置き、がん薬物療法専門薬剤師、細胞診診断士(検査技師)、認定看護師(緩和ケア、皮膚・排泄ケア、がん化学療法、感染管理、乳がん看護、放射線治療、認知症看護)等々を育成し、緩和ケア、栄養サポート、褥瘡管理、化学療法、がん相談、感染対策などのチーム医療の実践に努めています。今後とも熟練した技術と専門性の高い知識を併せ持つスタッフの養成を図るとともに、高岡市民病院で働く職員みんなが仕事に対して誇りと意欲を持ち働き続けたいと思えるようにワークライフバランスの推進にも取り組んでいます。

 

本院が高岡医療圏の急性期医療を担う中核病院としての使命を果たすことは、高岡医療圏の回復期、慢性期、在宅医療を担う医療機関に対する後方支援の役割を担うことにもつながると考えており、地域全体で患者さんの様態に応じた切れ目のない質の高い地域医療・在宅医療が提供できる地域包括ケアシステムの推進に努めるとともに、住民の皆様方にいつも信頼していただける病院を目指し努力を続けていきたいと思っております。

平成28年4月1日 記
高岡市民病院病院長 遠山 一喜

市民病院憲章に基づく本院の運営方針

実践の基本

“患者さん中心のチーム医療”
“地域完結型の医療”

実践の手段

良好なコミュニケーションによる「安全・安心・納得の医療」の推進

具体的な取組み

  1. 先進的“がん”治療(緩和ケアを含めた最新の治療)
  2. 災害拠点病院、二次輪番病院としての災害時医療、救急医療
  3. 高岡医療圏内の公立病院で唯一の精神科医療、感染症病棟開設
  4. 循環器疾患(心筋梗塞・脳卒中)の急性期医療とスポーツ医学
  5. 患者会の支援(腎臓病、心臓病、糖尿病や乳がん患者の会)

今後の取組み

  1. がん診療のさらなる充実(化学療法室の拡大、緩和ケア病棟の認可)
  2. 魅力ある臨床研修病院づくり
  3. コメディカルの専門資格取得支援など

皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。