「第2のわが家」にようこそ! これが私たちの緩和ケア病棟です。

 

-緩和ケア病棟について-

緩和ケア病棟での取り組み

平成28年3月開設後、多くの患者の皆様が入棟されています。緩和ケア病棟では、がんによる身体や気持ちのつらさを和らげ、その人らしく生活できる支援や訪問看護等のサービスを利用し、自宅で生活する準備を整えています。また、人生最後の時間を過ごしていただけるよう静かな環境を提供しています。私たちは、患者と家族の意向を最も大切にし、最善を一緒に考え、希望の実現に努めています。

  • がんに伴う苦痛の緩和
  • 外出や外泊、患者さんと家族の目標を達成する支援
  • 自宅退院や外来通院への円滑な移行
  • 在宅療養生活への準備
  • ご家族も納得できる看取りのケア
  • 緩和ケア病棟退院後のレスパイト(家族の休息)入院

次のようながん患者の方が入棟することができます。

  • 患者・家族が病名、病状を理解している
  • がんによる何らかの苦痛がある
  • 延命治療・がんに対する積極的治療を行わない
  • 本人の意思が確認できない場合は、代弁できる家族が入棟を希望している

病室・設備

病室 20床(全室個室、有料個室2床)

平面図

四季の移ろいを感じるテラスガーデン

テラスガーデンでは光と風と緑を感じていただけます。

安心とやすらぎの空間

“第二のわが家”として、やすらぎの環境を提供します。

患者さんやご家族がくつろげるラウンジを設置

家族のイベントや季節の催し物が実施できる多目的スペースを設置しました。

患者さんのご家族が過ごしやすい設備を設置

ご家族の方々が休息できる「ファミリールーム」や「家族浴室」、そして簡単な料理ができる「キッチン」等を整備しました。

1.医療者に“緩和ケア病棟希望”と仰ってください

現在診察を受けている医師からの紹介が必要です。

・本院に通院中の方

外来担当医に申し出て下さい。

・他の医療機関で診察を受けている方

紹介状と診察予約が必要です。
事前に本院地域医療部にご連絡ください(診療情報提供書、検査データをご準備下さい)。

2.緩和ケア外来で診察し、お話を伺います

緩和ケア担当の医師と看護師が対応いたします。
痛みやだるさなどの不快な症状、不安や気持ちのつらさ、生活のしにくさ、療養費に関することなど遠慮なくお話しください。
必要に応じて、緩和ケアチームの専門職のサポートが受けられるよう手続きいたします。

【緩和ケア外来】火・木曜日 午前10~12時(予約制)

3.入棟判定を行い、お返事いたします

緩和ケア病棟入棟基準に沿い、検討いたします。
入棟を希望される方が複数の場合、お待ちいただくこともあります。

4.入棟後は、多職種のスタッフでサポートします

主治医(各診療科医師)と緩和ケアの医師の2人で担当します。
看護師(緩和ケア認定看護師含む)、薬剤師、臨床心理士、管理栄養士、ソーシャルワーカー、
理学療法士、言語療法士など

緩和ケア病棟1日当たりの入院基本料
入院日数 1日当たりの入院基本料
患者負担(3割) 患者負担(2割) 患者負担(1割)
30日以内 14,780円 9,850円 4,930円
31日以上
60日以内
13,200円 8,800円 4,400円

●緩和ケア病棟の入院料は、高額療養費の対象となります。

●上記入院料のほかにかかるもの

食事代(自己負担額) 1食 360円
室料差額(008号室、010号室) 1日 5,400円
自費(病衣、おむつ代等)  

※内容、料金は同意書を参照してください

●病状の急変に伴い緊急入院した場合は、入院から15日を限度に1日当たり別途料金が
 必要です。

  • 1日2,000円(患者負担3割:600円、2割:400円、1割:200円)