診療科の取り組み

病理診断科は、病理診断を専門とする診療科です。

体のいろいろな部位から採取した組織や細胞や、手術で摘出した臓器を顕微鏡で調べ、がん細胞の有無の判定や病態の解明などを行っています。治療に必要かつ有用な所見を臨床医に伝え、より質の高い医療を患者さんに提供するよう努めています。

診療内容(特徴・特色)

1.組織診断

内視鏡や針生検で採取した小さな検体等を調べ、良性・悪性を診断します。また、手術で摘出された臓器についての診断や、手術中に組織を採取して病気の種類や病変の広がりなどを迅速に診断し、より的確な術式の選択や切除範囲の決定に役立てています。

2.細胞診断

子宮頸部や喀痰、尿、乳腺・甲状腺・リンパ節などの細胞を観察し、良性・悪性の判定や病態の診断を行っています。

3.病理解剖

遺族の方の承諾のもと、病気で亡くなられた患者さんのご遺体を詳細に調べます。病気の状態や死因、治療効果などを解明し、今後の診断や治療に役立てています。

担当医師

主任部長(病理診断科診療科長)(兼)検査部主任部長

林 伸一(はやし しんいち)

モットー・患者さんへの一言

丁寧な病理診断を心掛けます。

専門領域・得意分野 外科病理
資格・学会
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会病理指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
部長

三輪 重治(みわ しげはる)

モットー・患者さんへの一言

正確な診断で医療とその検証に貢献します。

専門領域・得意分野 外科病理
資格・学会
  • 日本病理学会病理専門医
  • 日本病理学会指導医
  • 日本病理学会学術評議員
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医

診療実績

 平成24年度平成25年度
組織診断 4,261件 4,233件
細胞診断 6,150件 6,123件
病理解剖 9件 10件