高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

診療科目:産婦人科

カテゴリー 選択必修科目・選択科目
一般目標 産婦人科疾患に対し、正確な診断を下し、適切な治療を想定できる医師となるため、様々な産婦人科疾患の診療経験を積む。産婦人科医への紹介が必要 な時はその判断ができるようになることが最低限の目標である。分娩に関して正常分娩、異常分娩、帝王切開分娩を数多く経験することを目標とする。
期間 1ヶ月以上

A. 指導体制

  1. スタッフ
役割 氏名 職名 資格

科目責任者

指導医

脇 博樹 産婦人科主任部長
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
  • 母体保護法指定医
指導医 山川 義寛 医療局長
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会専門医・教育研修指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医・暫定教育医
  • 母体保護法指定医
上級医 山﨑 悠紀 産婦人科部長
  • 日本産科婦人科学会専門医・指導医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
  • 日本女性医学会女性ヘルスケア専門医
  • 母体保護法指定医
上級医 牛島 倫世 産婦人科医長
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
上級医 加藤 潔 産婦人科医師
  • 日本産科婦人科学会専門医
  • 母体保護法指定医

B.指導原則・方法

  1. 病棟研修が基本である。産科、婦人科症例を同時に受け持つ。
  2. 指導医とともに主治医となり、指導医の指導の下、指示を出す。
  3. 分娩、緊急検査、緊急手術には必ず立ち会う。

C.週間スケジュール(表)

  8:30~12:00   13:00~17:15
病棟研修   カンファレンス
病棟研修   病棟研修
手術   手術
病棟研修   病棟研修
手術   手術

D.科目責任者からのメッセージ

分娩経過において、正常に進行しているかどうかがわかるようになって下さい。婦人科症例においては診断、治療について明確な根拠をもってプレゼンテーションすることができるようになって下さい。産婦人科領域はかなり特殊ですが、研修期間中に苦手意識を払拭して、 優れたgeneral doctorを目指して努力して下さい。