高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

診療科目:小児科

カテゴリー 選択必修科目・選択科目
一般目標

日常診療における病歴聴取、診察(理学所見)、鑑別疾患(検査など)、初期治療といった基本的な内科的診療技術の習得を目指す。しかし、小児科診 療においては、下記に示すような特徴があり、こういった特徴をよく理解し、小児プライマリ・ケアの基本を身に付けてもらうことを目標とする。

  1. “保護者”という第三者が常に患者の間に存在している。
  2. 子供は、常に成長・発達していくもので、その成長・発達をよく理解する必要がある。
  3. 年齢・時期によって出現する疾患やその病態生理は異なり、治療内容や投薬量なども違ってくることを理解する。
研修期間 1ヶ月以上

A. 指導体制

  1. スタッフ
役割 氏名 職名 資格
科目責任者
指導医
辻 隆男 小児科主任部長
  • 日本小児科学会専門医
指導医 辻 春江 小児科主任部長
  • 日本小児科学会専門医
  • 日本小児循環器学会専門医
  • インフェクションコントロールドクター

B.指導原則・方法

  1. 小児科病棟の患者を担当し、同病棟の医療スタッフとして診療にあたる。ただし、重症の白血病など、あまりに専門的な病態の患児は受け持たず、プライマリ・ケアを中心に、基本的な疾患の診療にあたる。
  2. 小児科一般(初診・再診)外来はもちろんのこと、各専門外来(午後も含む)にも参加し、診療補助・検査補助を行う。
  3. 月に数回の日直・当直を行う。時間外のポピュラーな小児疾患を経験する。 月に1回ある開業医との合同小児科症例検討会に参加する。

C.週間スケジュール(表)

  8:30~12:00   13:00~17:15
病棟   病棟
病棟・新生児検診   病棟・予防接種
病棟   病棟・心エコー
病棟・新生児検診   乳幼児健診
病棟   病棟

 

D.科目責任者からのメッセージ

感染症を中心に、基本的な小児疾患をできるだけ多く受け持ち、小児の診療に慣れて欲しいと思います。そして、小児科以外の専門分野に進んでも、小児患者を含めたprimary careが遂行できるような医師になることを期待します。