2013年10月に姉妹都市フォートウェイン市にあるパークビュー病院との医療交流が開始されました。2015年は一昨年に続き、高岡市からフォートウェイン市に医療交流団を派遣する運びとなり、薮下和久医療局長(外科)、河上裕子看護師長(緩和ケア認定看護師)、村本和宏薬剤師、円戸 望研修医の4名がフォートウェイン市にあるパークビュー病院を訪れました。今回は交流の目的を“がん治療”に絞り込み、Parkview Cancer centerを中心に10月26日から30日までの5日間、現地スタッフとの間で医療交流を行いました。

 

20151228_1
Parkview Canser Institute棟上げ式パーティにて

 

20151228_2
医療交流メンバーと 会議室で

 

20151228_3
Helloween home partyにて