成人の市中肺炎の患者さんについて、A-DROPスコアを用いた重症度別の患者数等を集計しています。
 市中肺炎とは、普段の生活の中でかかった肺炎をいいます。
 患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表示しています。

A‐DROPスコア

A‐DROPスコアは、日本呼吸器学会が定めた重症度分類で、次の5つの因子から判定します。

 A (Age):男性70歳以上、女性75歳以上
 D(Dehydration):BUN 21mg/dl以上または脱水あり
 R(Respiration): SpO2(酸素飽和度)90%以下(PaO2 60torr以下)
 O(Orientation):意識障害あり(肺炎に由来する)
 P(Pressure):血圧(収縮期)90mmHg以下

  • 上記指標のいずれも満たさないもの   ⇒ 軽症
  • 上記指標の1つまたは2つを有するもの  ⇒ 中等症
  • 上記指標の3つ以上を有するもの     ⇒ 重症
    (ただし意識障害・ショックがあれば1項目のみでも重症)
  • 上記指標の4つまたは5つを有するもの  ⇒ 超重症
  • 上記指標で1つでも不明があるもの   ⇒ 不明
平成29年度 成人市中肺炎の重症度別患者数等
重症度 患者数(人) 平均在院日数(日) 平均年齢(歳)
軽症 21 10.52 52.95
中等症 134 16.93 79.66
重症 31 24.35 82.39
超重症 22 28.00 86.18
不明