高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

1.目的

プライマリ・ケア(一般的に多く遭遇する疾患の診療、二次救命処置)に必要な基本的な診察能力の習得に重点を置きつつ、将来進むべき科への一定の道筋をつける。また、患者本位の診療を目指し、患者及びその家族と十分な信頼関係のもとに診療を行いえる能力の習得を目指す。

2.概要

  • 必修科目の研修期間は、内科24週、救急12週(内、4週の麻酔科での研修が可能)、外科4週、小児科4週、産婦人科4週、精神科4週、地域医療4週(2年次)、一般外来4週とする。
  • 必修科目の内科は呼吸器・循環器・腎臓・内分泌・消化器・神経内科から選択する。
  • 救急は、救急外来・集中治療室にて初期救急医療を研修する。また、希望者は協力病院の厚生連高岡病院(救命救急センター)または富山県立中央病院(ドクヘリ同乗研修、2年次のみ)で4週の研修を行うことができる。なお、救急当直について、まとまった期間とは別に月4回程度行う。
  • 一般外来研修は、内科、外科、小児科で並行研修ができる。
  • 地域医療は、JCHO高岡ふしき病院(地域病院)、高陵クリニック(診療所)、南砺市民病院、公立宇出津総合病院(石川県鳳珠郡能登町)、市立輪島病院(石川県輪島市)、飛騨市民病院(岐阜県飛騨市)で研修を行う。
  • 必修科目の外科は、外科・胸部血管外科・整形外科・脳神経外科・泌尿器科から選択する。
  • 選択科目は、研修医の将来のキャリアにつながる以下の科目から選択することができる。
  • 内科
  • 循環器科
  • 神経内科
  • 消化器内科
  • 麻酔科
  • 外科
  • 胸部血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 形成外科
  • 泌尿器科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • 病理診断科
  • 院外研修として40週の大学病院(金沢大学、富山大学、金沢医科大学)、川口市立医療センター、独立行政法人国立病院機構北陸病院(精神科)、公立宇出津総合病院(地域医療)、市立輪島病院(地域医療)、飛騨市民病院(地域医療)での研修が可能である。ただし、救急の院外研修も含め、40週までとする。

ローテート例

高岡市民病院初期臨床研修プログラム ローテート例

3.診療科毎の研修内容

科目を選択すると詳しい研修内容をご覧になれます。

必修 選択必修 選択

4.研修施設

[基幹施設] 高岡市民病院

設置主体 高岡市
所在地 富山県高岡市宝町4番1号
病床数 401床

[研修協力病院・施設]

富山大学附属病院 富山県富山市杉谷2630
富山県立中央病院 富山県富山市西長江2-2-78
厚生連高岡病院 富山県高岡市永楽町5-10
南砺市民病院 富山県南砺市井波938
独立行政法人国立病院機構北陸病院 富山県南砺市信末5963
独立行政法人地域医療機能推進機構
高岡ふしき病院
富山県高岡市伏木古府元町8-5
医療法人社団高陵クリニック 富山県高岡市野村23-1
富山県高岡厚生センター 富山県高岡市赤祖父211
金沢大学附属病院 石川県金沢市宝町13-1
金沢医科大学病院 石川県河北郡内灘町大学1-1
公立宇出津総合病院 石川県鳳珠郡能登町宇出津97
市立輪島病院 石川県輪島市山岸町は1-1
川口市立医療センター 埼玉県川口市西新井宿180
国民健康保険飛騨市民病院 岐阜県飛騨市神岡町東町725

5.プログラムの管理

  1. プログラム責任者  消化器内科主任部長 中谷 敦子
  2. 臨床研修管理委員会 委員長 外科主任部長 堀川 直樹

各科研修医の1日

下記の診療科を選択すると、その診療科での研修医の1日がご覧になれます。

  • 形成外科
  • 泌尿器科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • 病理診断科