高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

各科研修医の1日

下記の診療科を選択すると、その診療科での研修医の1日がご覧になれます。

  • 外科
  • 胸部血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 形成外科
  • 泌尿器科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 病理診断科

研修医向けレクチャー「心電図判読のポイント」 循環器科 寺田 和始先生

2018年04月18日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「心電図判読のポイント」をテーマに、循環器科 寺田 和始先生にレクチャーしていただきました。
参加した研修医からは、「忘れていた内容を思い出せてよかった」、「心電図の勉強をしていきたい」
「要点を分かりやすくまとめて下さり、話の流れも聞きやすいものとなっていました」、「救急ですぐに役立ちそう」
と感想をいただきました。

研修医向けレクチャー「急性薬物中毒について」 麻酔科 庄田 佳未先生

2018年03月26日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「急性薬物中毒について」と題し、麻酔科 庄田 佳未先生にレクチャーしていただきました。
「薬物中毒は経験できる症例も多くなく、重症となるとより珍しくなるため、なかなか対応を記憶しにくいが、
本レクチャーでは、図等を交えつつ、分かりやすく記憶に残った。」
「実症例を交えての説明がわかりやすかった。」
と感想をいただきました。

研修医向けレクチャー「睡眠導入剤と抗不安薬」 精神神経科 橘 博之先生

2018年03月14日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「睡眠導入剤と抗不安薬」をテーマに、精神神経科 橘 博之先生にレクチャーしていただきました。
参加した研修医からは、「睡眠薬、抗不安剤については、基本的に各々1~2剤しか使用したことがなく、それだけでなんとなく解決してしまうことばかりであったが、
不眠症状の分類を始めとし、使い分け、それぞれの薬の特徴など、同薬剤についてきちんと学ぶことができた。」など、感想をいただきました。
また、当院で実習中の学生もレクチャーに参加し、「症状に応じた睡眠薬の使い分けを知れて勉強になった。」と感想をいただきました。

モーニングカンファレンス「QT延長症候群による失神が疑われた1例」と「急性膵炎(胆石、胆泥性)と診断された一例」

2018年03月09日

3月9日に研修医対象救急症例カンファレンスを開催しました。
今回の症例は、「QT延長症候群による失神が疑われた1例」と「急性膵炎(胆石、胆泥性)と診断された一例」です。

救急症例勉強会「慢性硬膜下血腫について」研修医:澁谷 忠希先生

2018年03月01日

研修医の澁谷 忠希先生が救急に携わる方々を集めた救急症例勉強会で慢性硬膜下血腫について発表しました。

研修医向けレクチャー「救急外来で遭遇する婦人科疾患~下腹部痛と性器出血を中心に~」 産婦人科 山﨑 悠紀先生

2018年02月26日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「救急外来で遭遇する婦人科疾患~下腹部痛と性器出血を中心に~」と題し、産婦人科 山﨑 悠紀先生にレクチャーしていただきました。
「婦人科でよくある疾患を救急で出会ったときにどう対応すればよいかがわかりやすくまとまっていて、理解が深まった。」
「実症例を提示しての説明がわかりやすかった。」
と感想をいただきました。
また、当院で実習中の学生もレクチャーに参加し、「以前に救急外来で婦人科疾患を見たときに困ったことがあったので、症例も混じえて分かりやすく教えていただけた。」
と感想をいただきました。

モーニングカンファレンス「尿路感染を契機に敗血症性ショックを来した一例」と「眩暈、ふらつき、胸部症状と共に血圧上昇が認められた一例」

2018年02月23日

2月23日に研修医対象救急症例カンファレンスを開催しました。
今回の症例は、「尿路感染を契機に敗血症性ショックを来した一例」と「眩暈、ふらつき、胸部症状と共に血圧上昇が認められた一例」です。

研修医向けレクチャー「認知症の周辺症状について」 神経内科 根上 利宏先生

2018年02月21日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「認知症の周辺症状について」をテーマに、神経内科 根上 利宏先生にレクチャーしていただきました。
参加した研修医からは、「実体験を交えて説明して頂いて分かりやすかった。」、
「心がけるべき発言等、病態をきちんと把握することで、すぐにでもできることが多くあり、大変勉強になった。」
と感想をいただきました。
また、当院で実習中の学生もレクチャーに参加し、「認知症を中隔症状と周辺症状に分けてのレクチャーは初めてだった。
多様な周辺症状について学べてよかった。」、「認知症の方の行動や気持ちを理解するのに役立ちそう。」
と感想をいただきました。

研修医向けレクチャー「急性虫垂炎の診断と治療」外科 眞鍋 高宏先生

2018年01月22日

研修医を対象としたレクチャーを実施しました。
「急性虫垂炎の診断と治療」と題し、外科 眞鍋 高宏先生にレクチャーしていただきました。

「実際の症例の画像や手術の映像があったので治療の流れがイメージしやすかった。腹を丁寧に触る事という基本的な事が大切だと確認できた。」
「虫垂炎の診断は、画像を見てバイタルと照らし合わせて行っていたことが多かった。中には虫垂の同定が難しい症例も多く、確定できずにもやもやしたままコンサルテーションしていることが多かったが、今回の講義で診断の道順を知ることができ、臨床で使えるような所見や特徴が増えた。」
と参加した研修医から感想をいただきました。

また、今日から当院で実習を開始した学生もレクチャーに参加し、「身体所見と照らし合わせながら、確認を忘れないことの大切さを知った。」など感想をいただきました。

モーニングカンファレンス「高K血症を来たし救急透析を要した腎不全症例」「歩行困難を主訴に受診した低Na血症症例」内科 寺田先生 竹澤先生

2018年01月22日

1月22日に研修医対象救急症例カンファレンスを開催しました。
今回の症例は、「高K血症を来たし救急透析を要した腎不全症例」と「歩行困難を主訴に受診した低Na血症症例」で、内科の寺田先生と竹澤先生にレクチャーしていただきました。