高岡市民病院 臨床研修センター

  • お問い合わせ
  • 見学申込

研修医名:田中 裕登

8:30

術前カンファレンス

当日の手術の麻酔方法やリスク、分担などを麻酔科医師と手術室看護師で話し合い、確認します。

8:50

集中治療病棟回診

侵襲の大きい手術を受けたり、リスクが高い患者さんは集中治療病棟に入室となるので、麻酔科医師全員で週末・前日に手術した患者さんを回診します。

9:15

麻酔準備

患者さんは決められた時刻に手術室に来られるので、それまでに麻酔器や麻酔薬、気管チューブ・喉頭鏡などの準備をします。

9:30

麻酔導入&手

患者さんが手術室に来られたら、モニターの装着・末梢静脈路の確保をします。その後は手術に応じて、気管内挿管や脊椎くも膜下麻酔などを行い、麻酔導入します。手術中はモニターや術野、患者さんの様子を注意深く観察して、安全に手術を行えるように麻酔薬や輸液を調節します。


腰椎穿刺

手術中

10:00

救急車対応

午前中の救急車は麻酔科が対応します。研修医が初期対応をすることもあります。

12:00

手術終了

手術終盤になったら徐々に麻酔深度を浅くし、術後の覚醒がスムーズになるようにします。気管内挿管している場合は意識レベルや自発呼吸が回復してから抜管します。バイタルや意識レベルをもう一度チェックして、問題なければ退室となります。

12:30

昼食

午後の手術は12時台に始まることもあり、その場合は一時的に手術室を抜けてご飯を食べます。

13:00

手術

午前中と同じように麻酔の導入や維持などを行います。

16:00

手術終了

基本的に麻酔科が関わっている手術が全て終わったら、研修医は業務終了となります。

18:00

カルテ確認&帰宅

翌日の手術を確認してから帰宅します。術前診察で血液検査や心エコーなどの術前検査が確認されてない場合は結果をチェックしておきます。

各科研修医の1日

下記の診療科を選択すると、その診療科での研修医の1日がご覧になれます。

  • 外科
  • 胸部血管外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 形成外科
  • 泌尿器科
  • 小児科
  • 産婦人科
  • 精神科
  • 皮膚科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 放射線科
  • リハビリテーション科
  • 病理診断科