業務概要

検査部の業務は下記からなっています。

検体検査
  • 尿一般(蛋白・糖などの定性、定量検査及び尿沈渣)
  • 血液一般(赤・白血球数及び細胞の種類の判別)
  • 生化学(肝・心・膵・腎機能などを酵素を用い定量的に測定)
  • 輸血(交差適合試験、血液製剤の受発注、血液製剤の在庫管理)
  • 血液凝固検査
細菌検査
  • 食中毒・結核・細菌感染・薬剤の感受性
病理検査
  • 組織診・細胞診によりがん細胞などの有無や病態の解明
生理機能検査
  • 心電図、肺機能、心・腹部超音波、脳波、筋電、平衡機能・動脈硬化、心音
    サーモグラフィー及び負荷検査、睡眠時無呼吸症候群検査

さらに検査受付(検体の取り扱い、検査件数などの統計処理、試薬・消耗品などの受発注、患者誘導、病棟予約検査の採血管作成及び配布、各種問い合わせなどの対応)、中央採血室(1・2階外来患者の検査用採血、血液型の確認、術前検査、患者案内)、特殊検査の取り扱いなど多岐にわたる検査を行っています。

また、検査内部にとどまらず外部に積極的に業務の拡充をし、内容の充実を目指しています。その内容は健診・ドック検査への参画、病棟出張検査、24時間体制で心カテ介助及び病理解剖の介助を行っています。
1階中央採血室においては患者の検査依頼と採血管作成を連動し、中待ち・外待ちの時間表示などが出来る最新鋭の機器を導入し、利便性と効率化を図っています。

特徴・特色

24時間体制で、救急患者・入院患者の検査を行っています。また、外来患者の検査においては、検査待ち時間を最小限に出来るように検査機器の充実を図り、スタッフの動線も考慮し体制を整え検査を行っています。

より早く・より正確に検査結果がいつどこでも見られるように、検査測定機器・コンピューターを備え、精度管理はもちろんのこと、データー管理を行っています。 検査オーダー画面の整備も図り、オーダー画面から依頼可能な項目検索と分類領域(入力画面)の連動、院内実施項目の基準値の表示、時間外検査オーダーのセットボタンの追加など、オーダーへの易操作性を図っています。

また、検査科以外の分野の要望を柔軟・迅速に取り入れられるよう検査科スタッフ全員で意欲的に取り組んでいます。