診療科の取り組み

外来診療は、午前は初診・再診の一般診療を行い、紹介状をお持ちの方は月・水・金曜は加藤医師が主に担当し、火・木曜は淵澤医師が主に担当しています。紹介状をお持ちでない方は石田医師が主に担当しています。午後は月・水曜に予約制で眼底造影検査や光凝固、斜視検査、視野検査などを行っており、火・木・金曜は手術日となっています。呉西地区の中核病院であるため、様々な疾患の患者さんが院内外から紹介され、外来はいつも混雑していますが、丁寧な診療とわかりやすい説明を心掛けています。

入院診療は、眼の状態ばかりでなく、必要な場合は他科での診療を依頼しています。増殖糖尿病網膜症、網膜剥離などの網膜硝子体疾患や緑内障、ぶどう膜炎などの患者さんが多く、白内障手術も多数行っています。

診療内容(特徴・特色)

手術治療については、網膜硝子体疾患や、白内障、緑内障、眼瞼、斜視、涙道などの疾患を網羅できる体制を取り、外傷などは当日、網膜剥離など準緊急疾患も早めに手術を行い、良好な成績をあげています。診断装置についても、インドシアニングリーン蛍光眼底造影検査装置や光干渉断層計、光学的眼軸長測定装置を備えています。

また、富山大学眼科の専門医師による加齢黄斑変性外来、緑内障外来、斜視・弱視外来を設けています。

代表的な疾患

  • 白内障
  • 緑内障
  • 増殖糖尿病網膜症、網膜剥離、加齢黄斑変性などの網膜硝子体疾患
  • ぶどう膜炎
  • 斜視、弱視
  • 眼瞼疾患
  • 涙道疾患

外来診療担当表

  • 紹介状をお持ちの方は、午前にお越し下さい。
  • 午後は予約のみです。
  • 午後の検査では、眼底造影検査や光凝固、斜視検査、視野検査などを行っております。
午前 8時30分~11時30分   
加藤
(紹介)
淵澤
(紹介)
加藤
(紹介)
淵澤
(紹介)
加藤
(紹介)
淵澤
(涙道眼瞼)
石田 淵澤 石田 淵澤
石田 加藤
(手術)
石田 加藤
(手術)
石田
午後 13時30分~16時
検査・手術 手術 手術 手術
斜視・弱視外来
[13時30分~16時]
三原
[1週]
-
三原
[3,4週]
- -
緑内障外来
[13時30分~16時]
東條
[3週]
-
-
- -
加齢黄斑変性外来
[13時30分~16時]
-

[1週]
-
- -

◎検査・レーザー・硝子体注射
※林(硝子体手術/月曜(月1回))

担当医師

主任部長(眼科診療科長)

加藤 剛(かとう つよし)

モットー・患者さんへの一言

丁寧な診察と分かりやすい説明を心掛けています。このため、待ち時間が長くなることがありますが宜しくお願い致します。

趣味

鉄道の旅、散歩

専門領域・得意分野 眼科一般、網膜剥離、糖尿病網膜症、白内障、緑内障
資格・学会
  • 日本眼科学会専門医
  • 日本眼科学会指導医
  • 富山大学臨床教授
主任部長

淵澤 千春(ふちざわ ちはる)

モットー・患者さんへの一言

わかりやすい説明をこころがけます。

専門領域・得意分野 眼科一般、涙道、眼瞼、眼窩
資格・学会
  • 日本眼科学会専門医
  • 眼科PDT認定医
  • 日本涙道・涙液学会
  • 日本網膜硝子体学会
医師

石田 聖朗(いしだ まさあき)

モットー・患者さんへの一言

人に優しく自分に厳しく、真摯な態度で診療に取り組みたいです。

専門領域・得意分野 眼科一般
資格・学会
  • 日本眼科学会
非常勤医師

林 篤志(はやし あつし)

専門領域・得意分野 加齢黄斑変性、硝子体手術
非常勤医師

東條 直貴(とうじょう なおき)

専門領域・得意分野 緑内障
非常勤医師

三原 美晴(みはら みはる)

専門領域・得意分野 斜視弱視


手術実績(硝子体注射を除いた場合)

手術名 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度
硝子体手術 105件 110件 113件 119件 135件
白内障手術 493件 498件 510件 505件 645件
その他 42件 35件 29件 31件 85件
総手術件数 640件 643件 652件 655件 865件