診療科の取り組み

体外測定室ガンマカメラ

体外測定室ガンマカメラ

両眼が突出し、動悸・息切れがするバセドウ病(甲状腺機能亢進症)の治療や、手足、顔が腫れ体重が増加する甲状腺機能低下症の治療、甲状腺がんの放射性ヨード治療を行っています。

甲状腺(のどぼとけの下にある)にある、しこりや腫瘤の迅速な正しい診断と治療を行っています。年間150件の甲状腺生検を施行しており、甲状腺がんは、約30人弱診断し、本院耳鼻科で手術をしています。

診療内容(特徴・特色)

甲状腺治療を専門的に行っています。(バセドウ病、甲状腺がんなど)

  1. 専門医による甲状腺専門外来を行っています。
  2. バセドウ病や甲状腺がんに対し放射性ヨードのよる内照射治療をがん性骨疼痛に対してはストロンチウム治療による疼痛緩和療法を行っていますので、ご相談ください。

専門性と機動力を活かし、各種緊急検査・他病院からの紹介にも精力的に取り組
んでいます。検査機器も充実しており、スタッフ一同が診療にあたります。

代表的な疾患

甲状腺疾患 橋本病、甲状腺腫瘍、甲状腺がん、甲状腺機能低下症、バセドウ病、上皮小体機能低下症など
核医学検査 早期認知症の発見、虚血性心疾患の判定

外来診療担当表

午前 9時~11時30分
午前[甲状腺外来] - - - 一栁 -
午後 13時30分~16時
13時30分~14時30分 - - - - -
14時30分~16時[甲状腺外来] - - - - -

担当医師

医師

國田 優志(くにた ゆうじ)

モットー・患者さんへの一言

患者様の話をよく聞き、質の高い医療を提供できるように努力します。

専門領域・得意分野 核医学検査一般
資格・学会
  • 日本核医学学会
  • 日本医学放射線学会
非常勤医師

一栁 健次(いちやなぎ けんじ)

モットー・患者さんへの一言

患者様に安心してもらえるように努力します

専門領域・得意分野 甲状腺、核医学
資格・学会
  • 日本核医学会専門医
  • 日本放射線学会放射線診断専門医
  • 日本医師会認定産業医

専門外来

甲状腺外来

ガンマカメラ写真

ガンマカメラ写真

月曜~金曜日9時~11時30分/14時30分~15時
核医学科医師が甲状腺機能亢進症における放射性ヨード治療や甲状腺腫瘍性疾患の診断・治療にあたります。

バセドウ病(甲状腺機能亢進症)や甲状腺がんに対する治療

放射性ヨードによる内照射治療を行っています。

がん性骨疼痛に対する治療

ストロンチウム治療による疼痛緩和療法を行っています。

診療実績

検査実績平成25年度平成26年度平成27年度
甲状腺形態シンチグラフィ126件142件129件
甲状腺腫瘍シンチグラフィ26件15件10件
甲状腺摂取率(Tc-99m)35件29件36件
バセドウ病治療8件5件3件
甲状腺生検143件152件142件
甲状腺癌ヨード治療15件15件12件