診療科の取り組み

当科は胸部外科(すなわち肺、縦隔および胸郭の疾患)ならびに血管外科(主に末梢血管病変)を専門とし、これらの疾患に対する診療を行っています。

胸部外科では肺癌を中心とする肺、気管支、縦隔の悪性腫瘍、良性腫瘍、自然気胸や胸部外傷に対して外科治療や内科治療を行っています。

血管外科では腹部大動脈以下の閉塞性疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病等)、腹部大動脈瘤、四肢末梢動脈瘤などの動脈疾患や下肢静脈瘤、深部静脈血栓症といった静脈疾患、さらに血管外傷などに対する診断・治療を行っています。

診療内容(特徴・特色)

  1. 末梢血管治療においてバイパス治療と血管内治療を組み合わせた治療の実施(胸部血管外科と循環器科のチーム医療)

    患者さんに応じてステントやバルーン拡張などの血管内治療、カテーテルを用いた血栓溶解療法などを取り入れることで手術侵襲の軽減と術後の早期回復を図っています。

  2. 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術

    H26.7より下肢静脈瘤に対するレーザー焼灼治療装置を導入しました。血管内レーザー焼灼術とは、静脈瘤の原因となっている伏在静脈内に光ファイバーを挿入し、この光ファイバーを引き抜きながらレーザー焼灼を行って伏在静脈を閉塞させる治療です。この治療だけであれば、キズはほとんど残らず、片脚の治療は30分程度で終了します。

kekkan_1 kekkan_2
ELVeSレーザー1470:レーザー装置 光ファイバー(先端部分)

代表的な疾患

胸部外科 肺癌、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、気胸、胸部外傷など
血管外科 閉塞性動脈硬化症、バージャー病、腹部大動脈瘤、四肢末梢動脈瘤、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、血管外傷、手掌多汗症、リンパ浮腫など

病気や治療法について


外来診療担当表

午前8時30分~11時30分
1診辻本横川辻本[1,3,5週]土居[2,4週]横川横川[1,3,5週]辻本[2,4週]

担当医師

医療局長

横川 雅康(よこかわ まさやす)

モットー・患者さんへの一言

外科は手術という侵襲を患者さんに与えることが多いので、手術前の病状説明を分かりやすくするように心掛けています。

趣味

車、バイク、パソコン

専門領域・得意分野 末梢血管外科
資格・学会
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構心臓血管外科専門医
  • 血管内レーザー焼灼術実施医
  • 血管内レーザー焼灼術指導医
主任部長(胸部血管外科診療科長)(兼)緩和ケア科診療科長

辻本 優(つじもと まさる)

モットー・患者さんへの一言

できるだけわかりやすく。

専門領域・得意分野 呼吸器外科、緩和医療
資格・学会
  • 日本外科学会専門医
  • 呼吸器外科専門医合同委員会呼吸器外科専門医
  • 日本緩和医療学会暫定指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構暫定教育医
  • 肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医師
  • 日本呼吸器内視鏡学会
非常勤医師

土居 寿男(どい としお)

モットー・患者さんへの一言

丁寧な診察・説明を心掛けてまいります。何でも御相談下さい。

専門領域・得意分野 心臓血管外科
資格・学会
  • 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科学会専門医

施設認定

  • 呼吸器外科専門医関連施設
  • 血管内レーザー焼灼術実施施設

手術実績

手術名平成26年度平成27年度
肺悪性腫瘍20件13件
その他の胸部疾患11件11件
末梢血管70件80件
下肢静脈瘤
(静脈瘤レーザー治療)
82件
(64件)
109件
(103件)
その他の手術5件9件
総手術件数188件222件