診療科の取り組み

リウマチ性疾患とは関節ならびにその周囲に痛みがおきる病気の総称で、発熱、臓器病変を伴い、膠原病、自己免疫疾患などもリウマチ性疾患に含まれます。

私たちは関節リウマチや全身性のエリテマトーデスなどのリウマチ性疾患の最先端の薬物療法と人工関節置換術などの手術療法、リハビリテーションを集学的に行います。

診療内容(特徴・特色)

  1. 整形外科、内科の医師が総合的に診療にあたります。
    様々な臓器に病気が起きるのもリウマチ性疾患の特徴です。本院では整形外科、内科の医師、大学派遣の専門医が診療にあたっており、それぞれの専門知識を発揮して、合併症の患者さんに対しても適切な診療を行えるようにしています。
  2. 生物学的製剤による薬物療法には万全の体制で
    生物学的製剤(レミケード、エンブレル、アクテムラ、ヒュミラ)を使って治療を行います。免疫機能が落ちるため、結核・肺炎を発症しやすくなりますが、経験豊富な医師、看護師、薬剤師が万全の体制で治療にあたります。
  3. 膠原病の専門的治療を行っています。
    膠原病の治療は早期発見、早期治療が最も有効です。早く対処して症状を抑えることは副作用の軽減にもなります。

代表的な疾患

関節リウマチをはじめとした以下のリウマチ性疾患の 診療を行います。

リウマチ性疾患
  • 関節リウマチ
  • 悪性関節リウマチ
  • 全身性エリテマトーデス
  • 全身性硬化症(強皮症)
  • 多発性筋炎
  • 皮膚筋炎
  • 混合性結合織病
  • 血管炎症候群
  • シェーグレン症候群
  • 抗リン脂質抗体症候群
  • ベーチェット病
  • 成人発症スチル病
  • リウマチ性
  • 多発筋痛症
  • 血清反応陰性脊椎関節症(硬直性、脊椎炎、ライター症候群、乾癬性関節炎)
  • 変形性関節症(変形性膝関節症、変形性股関節症)
  • 骨粗鬆症
  • 痛風
  • 偽痛風

外来診療担当表

毎週火・木・金曜日は、内科医師と金沢大学、富山大学の医師が診療を行います。
金曜日は整形外科医師も加わり診療にあたります。

内科全体の外来診療担当表をご確認ください。



リウマチ科患者数

 平成27年
リウマチ科外来患者1,615人
関節リウマチ患者(外来)608人
リウマチ科入院患者57人
関節リウマチ患者(入院)17人