診療科の取り組み

神経内科は脳、脊髄、末梢神経障害、筋肉のいろいろな病気を内科的に診断、治療する科です。

症状として頭痛、意識障害、けいれん、運動麻痺(脱力、歩行障害)、感覚障害(しびれ)、視力障害、めまい、言語障害、嚥下障害、不随意運動、知能低下(痴呆)等で受診する患者さんの話を良く聞いて診察をおこないます。

必要があれば脳神経外科、整形外科、精神神経科、眼科、耳鼻科等他の診療科と協力して治療を行います。

診療内容(特徴・特色)

治療の様子

治療の様子

  1. 「てんかん」の治療を行っています。最新型デジタル脳波計による診断、経過観察を行います。
    てんかんを持病に持っている人の交通事故が最近よく聞かれます。早期に治療を開始すれば、高い確率で発作を抑えることができるとされています。
    日本神経学会認定医の医師が、患者一人ひとりに合った治療方針で治療にあたります。
  2. 脳梗塞の早期診断から検査、治療、リハビリテーションまでの一貫した治療を行います。
  3. 神経難病の診断、治療を行っています。患者さんの身体的、精神的なケア・サポートを心がけています。

代表的な疾患

広い領域にわたる神経疾患の診断治療にあたっています。

脳血管障害 脳卒中
てんかん けいれん発作
炎症性疾患 脳炎、髄膜炎など
神経変性疾患 パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症など
脱髄疾患 多発性硬化症など
神経筋接合部疾患 重症筋無力症など
筋疾患 多発性筋炎、筋ジストロフィーなど
末梢神経疾患 ギランバレー症候群などの末梢神経障害
その他 めまい、頭痛、痴呆

外来診療担当表

  • 6月30日(火)より当分の間、毎週火曜と木曜の午後診察については、再診予約の患者さんと紹介状をお持ちの患者さんのみとさせていただきます。
午前8時30分~11時30分
1診根上-根上-根上
午後13時30分~16時
1診-根上-根上-

担当医師

地域医療部 主任部長(神経内科診療科長) (兼)認知症疾患医療センターセンター長

根上 利宏(ねがみ としひろ)

モットー・患者さんへの一言

患者さんの話をよく聞くことを心掛けています。

趣味

CD、ミュージックDVD収集

専門領域・得意分野 神経疾患全般、神経内科
資格・学会
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内科学会指導医
  • 日本神経学会専門医
  • 日本神経学会指導医
  • 日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 人間ドックアドバイザー