装置の名称・特徴

リニアック

高エネルギーX線・電子線を用い、放射線による治療を行う装置です。

リニアック

治療操作卓

治療操作卓

治療目的

放射線治療は、手術、抗がん剤を組み合わせる化学療法と並ぶ、がん治療法の手段の1つであり組織を摘出することなく、機能を残したまま治療することが可能です。また、体への負担が少なく痛みもなく、高齢の方・心臓や肺機能の悪い方・腎機能の悪い方にも治療が可能です。

放射線治療には治療の目標に合わせ腫瘍を確実に治すことを目的とした根治治療から、手術、化学療法との併用療法や、病気により体力の弱った患者さんの痛みを取り除いてあげるやさしい治療まで、幅広い守備範囲を持った治療法です。

地域保健医療のニーズ

米国ではがん患者の約50%がその治療経過中放射線治療を受けているのに対して、わが国ではがん患者の25%程度にしか放射線治療が行われていないと推定されています。
最近の傾向として、治療後の生活の質(QOL)の高い治療法がもとめられており、放射線療法はこのような時代の要求に合致する治療法です。
乳がんに対しても、外科的な部分切除と放射線治療からなる乳房温存療法が増える傾向にあり、早期前立腺がんの治療方法としても注目されております。
形態や機能を温存することが出来ることや 全身への影響が少ないこと、通院治療が可能であること等を考えると、放射線治療適応患者は、今後増加することが予想されます。

当院では、地域の中核病院として、そのニーズに対応するべく“安心と安全な放射線治療”を基本理念に治療を行っています。